多趣味でもうまんたい(๑˃̵ᴗ˂̵)

〜16年間工場勤務した男のブログ〜

MENU

【バイク情報】バイクを盗難から守る!バイクの盗難についてや盗難防止方法について理解を深め自分で守ろう!

f:id:mantai005:20220110234142p:plain

やられたっ!!😢そうなる前に!

おはこんばんにちは!mantaiです!

今日は、バイクの盗難について考えてみる記事になります。

昨今のバイク盗難事情も含めておりますので、バイクを所有している方はもちろん、これからバイクを所有しようとする方、近親者にバイクを所有している方などいる場合にも、おすすめできる内容となっております。

私も友人や知り合いでバイク盗難の被害にあっており、他人事ではないと感じております。

どうぞ最後までお付き合いください!

バイク盗難の状況

バイクの盗難は全国規模でみると毎日100台以上あるそうです。窃盗集団などは、わずか数分程度でロックを解除してバイクを盗んでいくようです。

こちらは盗難の様子が報じられたニュース映像です。


www.youtube.com

イモビライザー(盗難防止装置)が鳴っているにも関わらず大胆にも犯行に及んでいます。


www.youtube.com

こんなにも短時間で持っていかれてしまうんです💦

盗難発生場所

f:id:mantai005:20220111132518p:plain

自宅なら絶対安心!ではありません💦

様々な場所や状況で盗難は発生しているとのことですが、バイクが最も盗まれやすいのはいったいどこなのでしょうか。

上記のニュース映像でもご覧いただきましたが、実は「住宅敷地内」と言われています。警視庁のデータによると、令和元年中のオートバイ窃盗の発生場所で最も多かったのが「住宅敷地内」での発生で、全体の52.3パーセントを占めています。

次いで「駐車場・駐輪場(21.2%)」「道路上(19.8%)」が窃盗の多い場所です。

バイクの盗難は駐車場や駐輪場での発生が多いイメージがありますが、実際には「住宅敷地内での盗難が一番多い」ことは意外な結果ではないでしょうか。

情報元:警視庁統計

過去5年間のバイク盗難件数の推移

f:id:mantai005:20220111134832p:plain

盗られる前に対策を!

まずは、過去5年間のバイクの盗難件数を見てください。

警察庁が発表している「犯罪統計」によると、平成27年平成31年のオートバイの盗難件数は以下のとおりです。

 

平成27年1月〜12月

平成28年1月〜12月 平成29年1月〜12月 平成30年1月〜12月 平成31年1月〜令和元年12月
オートバイ盗 35,486件 24,304件 20,184件 15,292件 11,255件

出典:警視庁犯罪統計資料(対前年同期比較)
政府統計ポータルサイト

直近の平成31年1月〜令和元年12月のオートバイの盗難件数は「11,255件」です。

このように年間1万件以上のバイクが盗難されている状況ですが、全体の盗難件数自体は年々減少しており、5年前の平成27年に比べて1/3以下にまで減っていることがわかります。

盗難件数が減少している大きな要因としては、シャッターキーやイモビライザー(電子照合システムを搭載したキー)など、バイク本体の盗難対策が向上していることが挙げられるでしょう。

しかしながら、依然1万件以上発生していることは現状として理解しておかなければなりません。

毎年オートバイ全保有台数の0.1%超が盗まれている

f:id:mantai005:20220111132413p:plain

愛車が盗まれたら悲しみに暮れます・・・。

上述のように平成31年のバイク盗難件数は約1.1万件でしたが、この数字をバイク全体の保有台数と比較してみましょう。

JAMA(一般社団法人日本自動車工業会)によると、平成31年のオートバイの保有台数は「10,539,849台」です。

つまり「年間約1000万台のバイクが保有されるなか、1.1万台のバイクが盗難されている」のが現状です。全体の盗難件数は減ってはいるものの、毎年全保有台数の0.1%超が盗まれている状況であり、まだまだバイクの窃盗被害は非常に多いといえるでしょう。

出典:日本の自動車工業 2020 – JAMA(一般社団法人日本自動車工業会)

盗難車の返還率

f:id:mantai005:20220111132803p:plain

戻ってこないことが多い現状です・・・😢

盗難件数:51,588件
検挙件数:5,618件

(情報元:警視庁統計)
検挙された内、バイクが被害者の元に戻ってくる、被害回復率は43.3%です。
盗難された51,588台の内、おおよそ2,400台は返還されている計算です。

ただ、盗難されたバイクが盗まれる前と同じ姿、五体満足で帰って来る事はです。
何かしらのパーツを
取られていたり、破損箇所があったりする事がほとんどです。

被害回復率は、地域によって違います大都市圏はプロの窃盗団の活動が盛んであり、検挙しにくい事にあると思われます。

私の友人もHONDAホーネット250を東京都内で盗難被害に合いました。

警察に届け出た3か月後、千葉県の成田空港そばで走行不能状態で見つかったそうです💦

では、これらの盗難の被害にあわないためにもどのような対策をとることが良いのでしょうか。

バイクを盗まれないためには!守るには!

f:id:mantai005:20220111133010p:plain

しっかり守りましょう!

大切な愛車を被害から守るには、どのような対策を講じればよいのでしょうか!

バイクを隠す!

どこに保管していようが、そこにバイクが有ることを完全に隠すのが一番!!ですが、そんなことは通常無理!💦
窃盗犯は、盗む前に下見をしているという話は、かなり有名。
一見して車種がわからないようにする事と、どんな盗難対策のロックを使用しているか、存在を隠すのはバイク盗難防止の最初の一歩バイクカバー簡易バイクガレージは必ず使用しましょう!

※バイクカバーや簡易ガレージについては別途紹介します!

複数のロックを使用する!

切断工具により、カンタンにロックを破壊してバイクを持ち去る動画を動画サイトで見かけたことはありませんか? その盗難防止対策には、ロックの掛け方と複数のロックで対策することが重要です!
・切断工具に力を加え難くするために、地面から浮かせる
・複数のロックを併用し、解除に時間がかかると思わせる
・できるだけタイヤが動かないように工夫する

※バイクロックなどについては別途紹介します!

犯行の手口を知る

バイクの盗難手口を知ることで盗難防止効果をさらに高めることができます。
盗難被害は、人目に付きづらい場所や夜間時間帯で行われているケースが多い傾向があります。特に高価なバイク(外国車、絶版車、人気車種など)が狙われやすく注意が必要です。

盗難対策の紹介

f:id:mantai005:20220111234047p:plain

愛車を守ろう!絶対に盗ませない!

ここでは盗難被害を防げる方法と、万が一盗難の被害に合った時の事も考えた手段として、できることを紹介します!

㈱加瀬倉庫 バイクヤード(レンタルガレージ)

マンションやアパートの駐輪場では不安・・・。

自宅の駐車場も人通りが少ないので心配・・・。

そんな方には、加瀬のレンタルボックスのバイク保管用のレンタルガレージがおすすめです!

f:id:mantai005:20220111141441p:plain

盗難防止に長けるレンタル保管庫♪ HPより抜粋

f:id:mantai005:20220111141634p:plain

安心のALSOKも完備! HPより抜粋

ホームページから、ご自宅周辺のガレージが検索できます!

是非、ご利用ください!

ZuttoRide Club

万が一の備えに、盗難保険というものがあります!

このZuttoRide Clubでは、盗難保険に加えロードサービスも付帯されており、イクライフを心強くサポートしてくれます!

ホームページから見積もりも簡単にできますので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!

f:id:mantai005:20220111143558p:plain

HPの一部抜粋

詳細はHPからどうぞ!

最後に!

ここまで、盗難についてお伝えしてきましたが、残念ながら「絶対に盗難されない方法」というのはありません。気軽に乗れる事がバイクのメリットですが、盗難防止をするほど、乗り降りの手間も増えてしまいます。盗難防止グッズは役に立たないわけではありませんが、弱いものだと気休め程度になります。万が一のことも考えて、バイクの盗難保険に加入するのも、ひとつの手です。

上記、盗難状況を把握したうえで、日頃から盗難防止策を徹底しておこなうことが大切です。昨今の盗難状況を理解して、適切に対応することで大事なバイクを盗難から守って楽しいバイクライフを送りましょう!

では、また!